10MHz GPSDO を組み立てる その2

すでに、秋月電子通商やAliExpressなどで主要部品を購入していたので、GPSDOの組み立てを開始しました。

主要部品

STM32F411

1 STM32F411CEU6
いわゆる「ブラック・ピル」です。

OCXO

自宅にあったOCXOで、EFCをプラス電圧にして周波数が増加するものが「Trimble 49422-0」しかなかったので、これで試験してみます。
一応、海外の基地局で周波数標準に使われていたものという触れ込みの中古品です。

GPSモジュール

ATGM336H です。ご覧のとおり携帯に便利なGPSアンテナが付属しますが、ケーブルの長い大きめのアンテナを使うので今回は使用しません。

DAC

OCXO電圧制御用のDAC Bur-Brown PCM5102A

マイコンへのファームウエアの書き込み

まずは、久しぶりにST製の通称「Black Pill」、STM32F411CEU6への書き込みからです。
最近はArduino(Atmega328P)を使用することが多かったので、STM32CubeProgrammerは久々です。
ST社のHPへ行きます。

ST社のプログラムやデータをダウンロードするには、ユーザー登録が必要です。

書き込みソフトウエアの入手

STM32CubeProgrammerは、「開発ツール・ハードウエアのソフトウエア開発ツール、STM32ソフトウエア開発ツール、STM32 Programmers」内にあります。

Linux,MAC,Windowsの順に並んでます。

プログラマ

プログラマは、2020年にAmazoneで購入したST-Link V2互換機ですが、現在は、在庫切れ中です。似た商品が1,000円程度で購入可能です。
これに、自作したケーブルを使用してWindowsパソコンのUSBポートに接続してSTM32CubeProgrammerを立ち上げます。

自作ケーブルの接続端子には、手書きで「UP」と書いてあります。

書き込み

honkytonkさんの「GPSDO 10.0MHz基準周波数発振器を作る(5) 〜Aliもので作るGPSDO〜」のページの3/2程にあるプログラム(STM32F411CEU6_GPSDO_V2.hex)をダウンロード、解凍して「Open File」タブから読み込ませます。

右側の情報窓に「Black Pill」の各種情報が表示されないときは、再度、プログラマの接続を確認してください。互換プログラマから電源は供給されるので、この場合は必要ありません。

「Download」ボタンを押すと、短時間で書き込みが終了します。メッセージ窓に「File download complete」と出たら正常終了です。エラーが出る場合は再度接続を確認してください。

まとめ

これで、プロセッサの準備は出来たはずです。でも、ArduinoみたいにUSBケーブルでつないでTera Termで出力が無いか見てみましたが何もありません。久々のSTM32なので不安です。
次は基板に部品を半田付けしつつ、I2CのLCDにちゃんと表示されるか確認してみます。

コメント