読書「DARPA秘史」を読んで

DARPAについてご存知でしょうか?
DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency アメリカ国防高等研究計画局)は、あなたが聞いたことがある都市伝説の、ほとんどの元となったアメリカの政府組織です。

DARPA秘史」(出版者 光文社、シャロン・ワインバーガー/著、千葉 敏生/訳)は、「世界を変えた「戦争の発明家たち」の光と闇」という副題がついた、DARPAについて記載された書籍です。

DARPAのマーク

UFO(U.F.O.にあらず)や超能力など、また、カルト的な話題の元になっている、あの、エリア51の真実についても記載されています。(この本を読んで、やっぱり超能力や「地球に飛来した空飛ぶ円盤」などありえないことが分かりました。)

エリア51を管理するアメリカ空軍資材コマンドのマーク

映画「MIB(メン・イン・ブラック)」の秘密組織や「Xファイル」などもDARPAを元にしたものと思われます。
その開発した成果としては、アポロ計画、全世界地震観測ネットワーク、インターネット、マウス(ライトペンなどの入力装置も)、GPS、ドローン(お掃除ロボット含む)、Siri(コンピュータによる音声認識・返答)、車の自動運転などがあります。
使った予算もすさまじく、さらに「そんな簡単な審査で、その予算?」と驚きます。
しかし、失敗した計画も数知れず、ベトナム戦争への介入やビックデータ実験での対応ミスなどで何度も組織の解体危機が訪れますが、なんとか現在まで生き残っています。

この本は、ソビエト連邦(当時)が開発した人工衛星によるスプートニク・ショックにより創設されたDARPAの歴史を、成功も失敗も包み隠さず記録した本です。取材期間は10年間を超え、ページ数は本文のみで520ページにおよぶ大作です。

出だしは、世界大戦の終わりの長崎に原子爆弾が落とされたところから始まります。(「日本語版なので訳者が追加した?」と思ったのですが違ったようです。)
日本についての記載は、それから40年以上あとの冷戦後に「敵」を見失ったDARPAが、台頭してきた日本を脅威と見て莫大な予算で対策を行うところで再登場します。ハイビジョンテレビや新たな半導体素子の開発などもその一環でした。
それまでは戦争が行われている国や隣接国で諜報活動や戦争のデータ収集・兵器の開発を行っていたDARPAが、東南アジアを超えて極東の国を敵とみなして攻撃を開始しました。
ソビエト連邦を解体に追い込んだ闇の組織が、無制限の予算で本気で潰しに来たら、東洋の島国がその後どうなったかは皆さんのご存知のとおりですが、この章だけは他と比べて詳細が抜けている気がします。日本に関する部分だけは、担当者の名前や使った予算、計画の細部が記載されていません。
(東芝の半導体やシャープの液晶、日立のマイコン、IOTを先取りした先進OSのTRON、NECのパソコンの凋落に始まり、各種エンタメやゲームにハドソン中央研究所の建設など絶世を誇っていた「ハドソン」が潰れたのは北海道拓殖銀行が破綻したのが原因とされていますが、DARPAお得意の工作手順に見えてきます。考えすぎか?)

ハドソンのマーク

以前、図書館でGPS関係の書籍を探していたときに、なぜか検索に引っ掛かり気になって予約して読んでみましたが、届いたとき普通の本かと思ったらその厚さ(約4cm)にびっくりしました。
でも、それぞれの時代ごとの担当者が個人名で出てきて、苦悩した様子が克明に描かれているため引き込まれて一気に読み勧めました。

現在の色々なテクノロジの由来だけではなく、世界大戦後の軍の様子や「世界最強」と思われているアメリカ軍の実情(本当は弱っちい?)を知ることが出来て良書です。時間がある方はぜひ!

コメント