HAL9000の製作

急な製作記事ですが、あれを作ります。

材料は「分光器」を製作した際に余った黒いカラーボード
使っていないフィルム式一眼レフカメラの交換レンズ(処分したビデオカメラ用もあります。)
そして部品を片付けていた時に出てきた赤いLED
「黒いボードとレンズに赤いライト…」「これは、あれを作らねば!」「HAL9000の製作、やってみよう!
(カラーボードを使った「分光器」の製作記事は以下をクリック。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで。)

HAL9000とは

ご存じの方は多いと思いますが、HAL9000はMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオ)社が1968年に製作した映画「2001年宇宙の旅」に出てくるコンピュータです。
アポロ8号が初めて有人による月面の裏側観察を行う前に、月などの天体をCGもない時代に作り出した作品として有名ですね。
私は、小学生の頃に初めてこの映画を見てから虜になり、レーザーディスク版、DVD版、ブルーレイ版と買い足しています。(御覧になったことがない方は、是非!)

HAL9000について

サイズ

まずは情報収集です。
サイズは色々な説があるので、妥当なところをまとめました。
(でも、板の厚さは3mmのようですね。余った黒いボードは5mm厚ですが、気にせず進めます。)

概略サイズ

HALの眼

特徴的な赤く光るHAL9000の眼は、英語版のWikipediaでは「Fairchild-Curtis wide-angle lens」であると書かれていますが、アップの画像を見ると違うようです。(撮影では使用したようですが、このレンズの直径は82mmより大きいようです。)
他のHPでは「Nikon Fisheye-Nikkor 8mm f/2.8」とありましたが、このレンズは1970年製です。(映画公開が1968年です。)
有名な展示物には「Fisheye-Nikkor 8mm f/5.6」が使われていますが、これはレプリカなので映画で使われた本物ではないそうです。(他にもNikon 6mm f2.8、Nikon 7.5mm f5.6という説があります。)
多分、一番確かな情報では1962年製の「Nikon Fisheye-NIKKOR 8mm f/8」です。劇中のアンテナ修理のシーンで、唯一、HAL9000が真横から移るシーンがあって、有志の方がその画像に映っていたレンズ横の文字を「Fish-eye-NIKKOR 1:8 f:8mm」と解析しました。
他のシーンのHAL9000が、違うレンズを使っていた可能性はありますが、HAL本体を各シーン用にセットで組んで、レンズは同じものを流用したと考えるのが妥当だと思います。
ちなみに、HAL9000の眼が赤いのは、Nikkorレンズのこのシリーズには、色々なフィルタが内蔵できますが、白黒撮影用の赤いフィルタ(R60)を使いレンズの後方に電球を置いて撮影したそうです。
(日本の有名なアニメでも、眼(レンズ)が赤く光りますが、入力装置が光ったら見えなくなると思うのは私だけ?)

HALの眼の模式図

探した限りでは、販売している模型やレプリカ、自作された方の作例でも、ニコンの魚眼レンズに赤いフィルターと電球を使用して再現した例は見当たらなかったです。(映画をよく見返してみると、確かに中央は黄色い光に見えます。赤いライトではないですね。)
凝るならば魚眼レンズをバキュームで作って、レンズの後ろに赤いアクリル板を入れ、筒状の管の後ろに電球色のLEDを置けば再現できそうですが、私も、部品箱の赤いLEDを使います。

このニコンの魚眼レンズは、海外のオークションサイトなどで本物を買うと40万円以上するそうですが、今回は余っている一番大きな直径のレンズを使います。(SONY製のワイドコンバージョンレンズで魚眼レンズではありませんし、直径が5mm程小さいですが似た感じです。)

「2001年宇宙の旅」より

HALのスピーカーグリル

本物は、当時のラジオのグリルを使っているようで、波型の特徴的な外観をしています。もちろん、当時のアメリカ製のラジオなどebayで探しても高価なのは分かっているので、3Dプリンタで部品を作成してみました。残念ながらいくつか施策しましたが出来が良くなかったので、今回は端材箱で見つけた普通のアルミ製の穴あき板に塗装して使います。

「HAL9000スピーカーグリル」の拡大写真
スピーカーグリルの失敗作

HALの本体

これは、実物に近づけるにはアルミの3mm厚の板で作るべきでしょうが、前回の分光器の製作で余った黒い5mm厚カラーボードを使うのが発端なのでこれを使います。
そのままでは切り口が白いので、塗装ではなくアルミのヘアラインが入ったシートを張ります。
ただし、使うレンズの直径が少し小さいので、オリジナルのサイズを変更(縮小)します。

HALの機能

人感センサを使って、人が近づいたら眼が赤く光って、有名なセリフを喋ったり歌ったりするようにしたいです。
(追記 「DFPlayer Mini」を使用してSDカードの音声データを再生できました。)

HALの製作開始

部品の準備

3Dプリンタで部品を作成して、パテうめ、やすり掛け。

3Dプリンタで作成した部品(スピーカーグリルはボツ)

カラーボードをカットして接着、アルミの穴あき板を接着します。表面にはアルミシートを張ります。

カラーボードの本体

表面パネルは、画像で見た限りではヘアラインの入った黒いアルミ製なので、黒いカラーボードでは質感が違うため、似た感じの黒いプラ板を切り出し、HAL9000のシールを印刷して張ります。

表面パネル

レンズ部の加工

ニコンではなく、余っているSONYのレンズ(直径は5mm小さく、枠幅は大きいです。)
3Dプリンタで作った部品と高輝度赤LEDを装着したら、良い感じに出来ました。

裏に3Dプリンタで作成した部品とLEDを装着

HAL9000の完成

出来た部品を組み合わせます。
レンズの形が違いますが、それなりの外観の物が出来ました。

PCディスプレイの画像をバックに撮影しました。

下の映画のワンシーンと比較しても良い感じではないでしょうか?

ところで、今頃になってスピーカグリルの色が気になりました。
レプリカや制作例では銀色に見えましたが、映画のHALは濃い灰色に見えます。暗いからそう見えるだけでしょうか?

映画「2001年宇宙の旅」より

まとめ

まだ、人感センサとおしゃべり機能は付いていませんが、スピーカーグリルの裏にスピーカーだけ付けました。次回は、その辺の回路を追加します。

コメント